So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆっちーとたっかのパスポート [Philadelphia育児]

今日は「春の一日領事館」の日。
(遠隔地に居住している人の便宜のため、春・秋の2回(3月と10月)、NY総領事館が一日領事館サービスを実施するもの。)
場所はFairmount Parkの中にあるHorticultural Center。
私はたっかを抱っこ、オムツや着替え、ミルクを詰めたバッグにベビーカー、父ちゃんはゆっちーを抱っこしてちゃこりの手を引く、という何ともすごい格好で出かけた。
不安だった雨も降らず、また朝早くでかけたおかげで大して時間もかからずに済んで良かった。
それにしても肩がこった〜嶺
自家用車を持っていない人だっているんだから、もう少し交通の便がいいところでしてくれたらいいのになぁ。


病院通い終了 [アメリカ出産記録]

「病院通い」といっても、出産後は2回しか行ってなけれども。
とにかく、こちらに来て切迫早産になってからは週3回、平均5時間近く病院にて診察+検診の繰り返しだった。
(ちゃこりがいたから、管理入院なんてできなかったから。)
双子のお母さんなら分かると思うのだが、一番辛かったのがNST!
少なくとも20分は連続で赤ちゃんの心拍数を取る必要があるので、単胎の場合でも30分前後かかる。
これが双子になると20分連続というのがとても難しいのだ。
うちの双子はなぜかNSTの時は、いつも以上にぐるぐる動き回ったため、連続してとれるのが5分くらい。ずれる度にまた最初からやり直しで、結局1時間近くかかってしまうこともしばしばだった。

なにはともあれ、これで病院ともおさらばだ。
日本の病院とは違って、こちらの病院は、
1.受付の態度が非常に悪い(ホスピタリティという言葉を知らないと思う)。
2.同じ診療所に行くにも関わらず毎回同じ質問を繰り返しされる(年齢、出産回数、アレルギーの有無、流産、中絶の有無など)
3.予約を取っているのに、1時間以上待たされることなんか当たり前
なので、できればもう2度と関わりたくないものだ。

これで私の「アメリカ出産記録」も終わりだ。
めでたい


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。